2012年5月5日土曜日

オールオリジナル、オールハンドメイドの暮らしを求めて


先月の陶芸体験に引き続き、
Love Customizerの主催するワークショップの参加してきました〜

これまた初めての経験!



今回はLove Customizerのミポリンが
facebookで告知していたところをたまたま見て応募したのが当たったのです!



こちらはワークショップがはじまる前!
左がミポリン、
Love Customizerを主宰されているインテリアスタイリストの石井佳苗さん



石井さん「海外では日曜大工だけでなく、お料理や空間をつくることのことも
“Do It Yourself!!=DIY”と言うのです」



今回のワークショップは古材で作るカッティングボード!

実家にあった古いカッティングボードを母がくれなかったので
買おうと思っていたところにこんなワークショップが開催されるなんて、、!
、、と勝手にご縁を感じてしまいました^^;



▶使用するのは100年前にアーミッシュの家の梁に使われていたというホワイトオーク
まずは、釘の跡や柄などたくさんある材料の中から自分だけの木を選びます

作業台にしている机のお値段にヒヤヒヤしつつ、選びました。
樹の色にサボテンの緑が合いますね〜



▶そして出来上がりをイメージして下書き〜の前に、
下書きをするための鉛筆がこんなにかわいいところに刺さっていて
いちいち反応してしまいました

かわいいなー




▶悩みに悩んで決めたわたしのデザイン
樹はこの柄に一目惚れしました

皆さんがどんどん次の工程へ進む中で人知れず焦っていたのはナイショ・・・



▶そして線の通りにノコギリでギーコギーコと切っていきます

写真はお人形のようになった不自然な動きの浅井さん。笑
ノコギリ運がないと言ってたのにすごく上手かった!さすがです!

DIYバージン、且つ運動不足のわたし、、
まだ第二工程で汗だくに、、、

でもミポリンが野球部のマネージャーの如く
やさしくそばに付き添ってくれたおかげで弱音を吐きつつも無事切り終えました!



▶お次はインパクトという電動工具で穴を開けます

この作業は必死すぎて写真撮り忘れ、、、
でもGALLUPの河野先生が終始不出来な生徒(わたし♡)をご指導くださったのでなんとか開通!



▶そしてノコギリ作業の時にも使ったクランプという工具で
がっちりと板を固定し、
側面、表面をヤスリでかけていきます



皆さんそれぞれ真剣な作業の中でも、いろいろとアドバイスをくださったり
お互いのカッティングボードを褒め合ったりして
モチベーションをあげるというとっても良い空間!

これがワークショップの醍醐味かもしれない・・・!



▶仕上げにオリーブオイルを塗っていきます!

わたしは側面だけお酢と鉄を使った媒染剤で黒く染め、
表面はオリーブオイルをたっぷりとしみ込ませました。

この作業で古材の持つ味わいがみるみるうちに引き立っていくのが分かり、
みんなテンションが上がっていました^^


新材より古材の方が乾燥しているのでオイルがしみやすいみたい
こういうことに気づくのも自分でつくっているから^^



最後は今回参加したみなさんと一緒に懇親会
いつのまにかこんなに素敵なセットが組まれていて感激でした

真似したいスタイル術がたくさん!



出来たてホヤホヤのカッティングボードを早速使って〜



ほっとお茶タイム♡



あ〜〜〜かわいいよーーーーー

オリーブをのせたりしてお皿として使うのもよし
チーズをカットするときのボードにするもよし

たった2時間の作業時間とは思えないほどの濃厚な時間を過ごしました!


工具など重たそうで力の入りそうな作業は
ついつい男性に任せてしまいたい・・なんて気持ちになっていたのですが
実際やってみると想像していたより自分のイメージ通りになるし
達成感があって楽しい!



またこれを使うたびに楽しかったこの日のことを思い出せる、
汗と涙のストーリーがあるのもうれしいな



石井さん、ミポリン、GALLUPの皆さま、
どうもありがとうございました!

カッティングボード、早速使います〜〜^^







今回DIYを行ったお店は、

東西線 門前仲町駅
富岡八幡宮方面の出口からてくてく歩いて8分ほどの


でした!



お店の方が皆さんやさしくて面白くて、気になる商品がたくさん!



翌日早速東急ハンズのDIYコーナーにて、なにを作るか考え中です♡






0 件のコメント:

コメントを投稿