2012年12月3日月曜日

こういう写真は撮れなくても、こういう力のあるものが作りたいです切実に。




クリスマスツリーを見上げる大きな人@東京オペラシティ












世の中的にどういう写真が評価されるんだろうか、
構図とか質感とかってもう好みじゃんって、
なんであのフォトグラファーがあんなに売れるのかとかって
いろいろと思うところがあったわたしですが、
この写真展をみて
篠山紀信さんがなぜ有名なのか、支持されているのか分かった気がしました。



すべては写真力!



どんなに下手な素人でもおしゃれっぽく撮れる
カメラアプリに頼りきりのわたしでは決して撮ることができない写真。
という比較をするのも失礼ですね、、



力のある写真たちがたくさん展示されていました。
堂々と、亡くなった方も写真の中で力強い生命力を放って
四角の中に歴史がありました。



被写体の人生のかけがえのない時間がつまっていて、
そこにとてつもない力を感じました。



すべては写真力!



この写真展は12月24日までだそう。

だれがみても必ず圧倒される力がある写真ばかりなので
ぜひいろんな方に見てほしいです!!



ご興味のある方はぜひお急ぎください!







0 件のコメント:

コメントを投稿