2011年12月29日木曜日

毎年夏の暑さも冬の寒さもどんどん増していくように感じるんだけど、確実に去年より増えてるのは自分の年齢なんだよネ!


友人Y子に会っていなかった間にたまったグチをウダウダネチネチと話していましたら
とても落ち着いた口調で

「山へ登りなさい」

と言われたので昨日は仕事をどうにか午前中におさめ、早速山に登ってきました。
もう年末なんだし、おさめた気になっているだけ、でもいいですよね。
そういう人きっと多い、はず。うん。
ちなみにY子は“見える”系の人。


で、


初高尾山!


アウトドア派な友人には登山のうちに入らないよ!と言われてしまうくらいカジュアルに登れる山だそうですが、
週5日8時間オフィスワークで運動不足のわたくしの身体には非常にこたえる山でした。


もう最初の坂ですでに呼吸困難。



(はぁはぁはぁはぁ、、、)



後ろからやってきたおじいさま、おばあさま方にはどんどん抜かされます。
笑いながらはしゃいで登る小学生にも抜かされます。



(み、みんな、すごい・・・!)



なんて思っていると腰に貼っていた温湿布が燃えるように熱くなっているのに気づきました。
気分はまるでかちかち山



(背中が燃えている〜〜〜〜っ!)



震える指先でスカートの中をまさぐり、
やっとの思いではがし、
温湿布に睨みをきかせ・・・・・・ている間にまた後ろからきた人に抜かされたので急いで登りました。



待って〜〜〜〜!!!!



久しぶりに仕事以外でこんな汗をかいた気がいたします。

途中見かけた犬のことを

「肉・・・」

なんて言い間違えるほど心身ともに疲労困憊&お腹も減っていたのですが、
初めて見た“霜”がシーチキンのようだったので癒されました。




そしてブーブー文句を言う気力もなくなったころ、山頂に着きました。

沈みかけている太陽の美しさを目の前にして絶句。
Y子が山に登れと言った本当の理由が分かった気がしました。
 
こんなにきれいなんですねーーー!



キレイキレイ!と興奮しながら写真を撮っていると、
高尾山には毎日登っているという男性グループの会話が聞こえてきました。





「あ″ぁ〜今日は雲がかかっちまって全然だめだなぁ!最悪だ!いつもと全然違うなぁ!」




はい!また近いうちに登ろうと思います!!!





◯オマケ◯

いろいろ悔しさもあったので、
山頂にSIKAKEPROJECTのSPマークを残してきました。
いざ、リベンジ!!!


あと高尾山口のことを「タカオヤマグチ」と読んでいたのは間違いだったこと、
そして高尾山口にも「ツタヤ」さんがあったことが分かりました。


Y子、素敵な提案をどうもありがとう!

登山靴は小学生の頃に親に買ってもらったReebokを履きました。
当時より身長は20cm近く伸びましたが足のサイズは未だに23cmみたいです。



来年はオシャレもがんばってアウトドア女子を目指します!







0 件のコメント:

コメントを投稿