2012年7月1日日曜日

南部高速道路 La autopista del sur


(ちょっと最近映画やら舞台やらの感想押しですがご勘弁を!)


少し前のことになりますが、
母の親友“梅ちゃん”こと梅沢昌代さん
出演されている舞台を鑑賞してきました








作家 フリオ・コルタサル
構成 演出 長塚圭史
出演 真木よう子/梅沢昌代 他


「高速道路の上での渋滞」という変わった設定の中のお話

もちろん舞台上なので車ではなく
柄付きの傘を車の代用品として使われていたりして
とても好きなタイプのお芝居でした

舞台上といっても
お客さんの席の方が高くて、
お相撲形式の舞台というか
四方にお客さんがいて
役者さんたちのいる舞台の方が下にある感じ

役者さんとの距離がとにかく近くて臨場感たっぷり!

あれだけ間近で真剣にお芝居をするってどういう感じなんだろう
物語に入り込んでいたらそんなこと気にならないのかなぁ


映画やドラマもすきですが、やっぱり生のお芝居がすきです!
刺激的な一日!


梅沢さん、どうもありがとうございました!








0 件のコメント:

コメントを投稿